記事に「忖度」がある?

舛添をどう評価するかは議論が分かれるところだが、SNSの記事ではインタビューの以下のくだりがまるまる省略されていることが気になった。

「騒ぎの発端は、東京の韓国人学校の増設問題だったんじゃないでしょうか。私は都知事として18年ぶりに訪韓して、当時の朴槿恵(パククネ)大統領との会談で協力を直接依頼されたんです。未来志向の日韓関係づくりに資すると思い、用地を探すと、新宿区の旧商業高校の跡地約6100平方メートルが最適だという結論になった。官邸から町内会まで根回しして、進めようとした矢先、一部の新聞がたたきだした」

 「以来、右翼の街宣車がものすごかった。『売国奴外交をやめろ』と都庁や世田谷の自宅近くでやっていた」

http://www.asahi.com/articles/ASK5T3RJYK5TULZU00B.html?iref=pc_extlink

俺はこの部分にこそ「そういうことだったのか」感を持ったし、これが発端という舛添の考えもたぶん当たっていると思う。これをネットの記事ではカットしているというのは、朝日が攻撃されないように忖度した可能性も考えられる。

SNSはウヨの差別主義者が多数派を占めているから、またぞろ嫌がらせのコメントを書いてくるかもしれないけどね。でも「お前ら」こそが、日本を愛しているといいつつ日本をダメにしているんだよ。

■舛添氏、退任後初めて語る 美術品寄付、別荘は売らず

(朝日新聞デジタル - 05月30日 05:12)